うつ病なら薬を選ぼう【自分に合った物を選ぶ】

医師の指示を守りながらうつ病の薬を服用しましょう

646-637-3562

錠剤

うつ病の薬物治療においては、正解がすぐに見つからないことも多いです。特に高齢者への処方は、加齢によるカラダなどの変化も伴うため、より複雑になりやすいので注意が必要です。経験値のある医師とともに治療を行うことが大事になります。

病院で治せる精神の病気

ハート

精神的な病気は脳の影響で問題が発生するので、病院でもらった薬を適切に使えば症状を緩和できます。うつ病はよくある精神的な病ですが病院の治療で改善が可能で、薬を正しく飲んでいれば良い状態に戻すことも可能です。

寛解への近道とは

相談

焦らないことが大切です

今や日本人の10人に1人は発症すると言われているうつ病。この数字からもわかるように、うつ病は特別な病気ではなく、誰もが発症する可能性のあるもの。ですから、自分自身や家族、同僚が発症した時のため、うつ病の症状や治療法を知っておくことが大切です。うつ病と診断されると、大抵の場合、薬が処方されます。うつ病の治療薬には多くの種類があり、まずは医師と相談しながら、自分に合う薬を探していくことになります。ここで注意して欲しいのが、決して焦らないことです。うつ病はとても辛い病ですから、早く良くなりたいあまりに焦ってしまうことが多々あります。しかし、うつ病の治療に使われる薬は、しばらく服用しないと作用がわからないものがほとんどです。また、初めは劇的な効果を感じても、続けているうちに実感が薄れてしまったりもします。たとえ自覚はなくても少しずつ良い方面に作用している可能性もありますから、このような場合でも自己判断で服用をやめたりしないようにしましょう。医師の判断を仰ぎながら、じっくり腰を据える気持ちで服用を続けてください。そしてもうひとつ大切なのは、用法・用量をきちんと守ることです。どんな病気でもそうですが、薬をたくさん飲めばその分早く治る、というわけではありません。どんなに空腹でも一度に食べられる食事の量があるように、薬の成分も、一度に体に作用する量には限度があります。医師から指示される薬の飲み方は、その薬が一番良く体に作用するよう考慮されたものです。これも自己判断で増やしたり減らしたり、飲んだり飲まなかったりするのはやめましょう。用法・用量を正しく守って服用することが、結果的にうつ病を治す近道になります。うつ病の代表的な症状に、焦燥感や不安感が挙げられますが、これらの感情が薬の服用に影響を与えることも充分に考えられます。しかし、その焦りや不安こそが、病から起こるものだと考えてください。その症状を治めるために服薬していること、寛解への近道は、焦らずじっくり治療に取り組むこと。そう考えて出来るだけゆったりとした気持ちでいることも、うつ病治療の大事な一歩なのです。

初めての診察での不安

服用

うつ病かもと感じても中々精神科や心療内科には行き辛いかもしれません。ですが、診察を受けるのが早ければ早いほど回復もまた早まります。薬もあまり使う必要も少なくなります。なので、身構えずに風邪を引いたのと同じ気持ちで足を運んでみましょう。

合うものを見つける

婦人

うつ病の治療に使われている薬は種類がたくさんあります。人によって違うので、適切なものを服用しましょう。合うものを見つけるまでいろいろと試して、時間がかかることもあります。よく使われているのは抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などです。

医師の指示に従う

錠剤

うつ病は脳内の神経伝達物質のバランス異常が原因であると考えられているので、抗うつ薬による治療が行われています。薬を使用すると治ったと勘違いすることがあるので自己判断で使用の中止をしないようにし、飲み忘れなどにも気を付ける必要があります。